たまねぎ部会
生産者全員が「安全・安心」なたまねぎ作りに取り組んでいます。
活気あふれるたまねぎ部会員を紹介します。
ココが違う!
 JA西条は平成28年度から加工野菜の産地化に向けて取り組みを開始しており、たまねぎにおいては機械化体系での面積拡大が各農家で行えるよう関連施設整備及び新機械を導入しました。土づくり・良質苗供給・栽培管理を徹底し安全なたまねぎを栽培しています!


部会長の声
 たまねぎ部会は、六次産業に向け加工業務用たまねぎを生産しています。28名の部会員で協力し安心安全なたまねぎ作りに取り組んでいます。
たまねぎのコト
 たまねぎは、生で食べればさわやかな辛さ、煮込めばとろりと甘みが出る野菜で、サラダから煮物まで幅広い料理に活用して味わえます。たまねぎに含まれるアリシンには、胃液の分泌を促進させる働きがあります。これによって、食欲を増進させます。また、ビタミンB1の吸収を高め、新陳代謝を促してくれるので、不眠やイライラ夏バテを解消に効果的。さらに、善玉コレステロールを増やして、血小板が固まりにくくするので、高血圧や動脈硬化といった病気を予防する作用も期待できます。
★残留農薬分析結果

部会員の顔
下記より名前・生産者番号・キーワードで検索できます
キーワード
全生産者を表示する場合はキーワードを挿入せずに[生産者検索]を押してください
《戻る
Copyright (C) 2003 JA Saijo Japan Association. All Rights Reserved.